かわら版

内部統制システム等に関する事項

内部統制システム等に関する事項

1.内部統制システム等に関する基本的な考え方
  及びその整備状況

会社法及び会社法施行規則に基づく当社の業務の適正を確保するための体制は以下の通りであります。

(1)取締役・使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを
   確保するための体制
  1. ①法令、定款、社内規程及び企業倫理を遵守するため、コンプライアンスについて規程を制定し、すべての従業員の行動規範とする。
  2. ②上記の徹底を図るため、コンプライアンス委員会を設置する。
  3. ③コンプライアンス上疑義ある行為等について、従業員が直接通報または情報提供を行う手段として通報窓口を定める。
(2)損失の危機管理に関する規定その他の体制
  1. ①コンプライアンス、環境、災害、情報セキュリティ等に係る損失の危険を管理統括するための緊急時連絡要領を定める。
  2. ②対策本部を設置し、組織横断的リスクの監視及び全社的対応について管理を行う。
  3. ③万全な作業体制を確保するため、各工種ごとにリスクアセスメントに基づいた安全作業のためのマニュアルを作成し、安全衛生委員会、災害防止協力会を通じ工事関係社員、協力業者に安全意識の徹底をはかる。

2.反社会的勢力の排除に関する基本的な考え方

当社は、法令順守に向け社内体制の整備を図ってまいりました。
今後も、暴力団対策法等の趣旨に則り、市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力を利用する反社会的行為は行わないことはもとより、これら勢力の不法・不当な要求には一切応じません。