メイン画像

展示予定

展示予定は以下のとおりです。それぞれ、リーフレットが出来上がりましたら、PDFファイルにて掲載いたします。
なお、都合により展示内容や会期などを変更することがあります。

平成30年4月9日(月)~6月23日(土)

開館35周年記念 榮吉翁が愛でた陶芸家 寺池静人展

寺池静人は文化勲章受章者の楠部彌弌に師事し、師より『人間を作れ』との薫陶を受けて、日々精進を重ねて来た陶芸家です。初代館長の敦井榮吉翁は彼の人柄を愛でて、作品を求めました。このたび、寺池静人の初期の力強い作品から華麗でかつ爽やかな作風の近作まで、43点を一堂に展示いたします。
●詳しくは、PDFをご覧ください。 → PDFファイル(851KB)

平成30年7月9日(月)~9月22日(土)

開館35周年記念 重要文化財「彩磁禽果文花瓶」を特別展示 陶聖 板谷波山展

開館35周年を記念し、昭和28年陶芸家で初めて文化勲章を受章した陶聖・板谷波山の名品を50点一堂に展観いたします。本展では板谷波山の畢生の大作である、重要文化財の「彩磁禽果文花瓶」を中心に、崇高な雰囲気を漂わせる波山の名品の数々をごゆっくりとご鑑賞下さい。
●詳しくは、PDFをご覧ください。 → PDFファイル(428KB)

平成30年10月9日(火)~12月15日(土)

開館35周年記念 榮吉翁が情熱を込めて蒐集した日本画 大観と春草展

岡倉天心の指導のもと、近代日本画の革新に邁進した横山大観と菱田春草の初出品の作品を含め、29点の名画を出品いたします。記念展にあたり、巨匠・横山大観と天才・菱田春草の画業を顕彰するとともに、大観と春草の作品蒐集に限りない情熱を注いだ、初代館長敦井榮吉翁の慧眼にも思いを馳せてご鑑賞いただければ幸いです。
●詳しくは、PDFをご覧ください。 → PDFファイル(329KB)

平成31年1月7日(月)~3月16日(土)

近世の南画と京焼を楽しむ 近世の絵画・工芸展

絵画では、池大雅、池玉瀾、浦上玉堂、田能村竹田、青木木米らの南画の作品を中心に、酒井抱一らの作品も添えて展示いたします。また、陶芸では、歴代の清水六兵衛や仁阿彌道八らの京焼の作品も併せて展示し、近世に花開いた文化・芸術を楽しみたいと思います。

PDF文書をご覧いただくには、AdobeR ReaderR(無償)が必要です。
お持ちでない場合はアドビ システムズ社のホームページからダウンロードし、インストールしてください。
Adobe Reader ダウンロード

TSURUI MUSEUM OF ARTS