新卒・キャリア採用サイト|敦井産業株式会社

社員紹介

「インフラ事業で地元を守る」日々、責任感も充実感もメガサイズです!
環境システム事業 2013年入社(中途)佐藤 慧(さとう けい)

現在の仕事内容を教えてください。

私たちの日常生活に欠かす事のできない、インフラ事業の営業・工事・メンテナンスです。主に官公庁のお客様が多く、プラント設備と呼ばれるポンプ・電気・自家発電設備などの幅広い分野の仕事を担っています。ポンプ設備では、水道用・下水道用・雨水排水用・農業用水用、またそのポンプ設備のための電気設備、ポンプ設備が停電時も運転できるための自家発電設備と、社会インフラを日々トータルコーディネート。繁忙期は仕事に追われることもありますが、「社会貢献している」「私がこの地域を冠水から守っている」「美味しいお米が食べられるのは私のおかげ」と日々自己満足しながら前向きに楽しく仕事しています。

敦井産業に就職した
決め手は何ですか?

新潟市に本社を構える地域密着企業だからです。県外で仕事をしていましたが、地元新潟で、新潟のための仕事をしたいと思い当社へと転職。正直に言いますと入社前は取扱商品の多さから、具体的にどんな会社なのか分からないと思っていましたが、入社してみると色々な商材があるからこそ、どんなインフラにも何かしらの形で携わり、商売に繋げているんだなという印象を受けました。

仕事をしていて
良かったことや嬉しかったことをはありますか?

自分の考えでプロジェクトを進めさせてくれることです。お客様から今後のメンテナンス計画について相談を受けた際に、自分はこのように提案したいと上司に相談すると、基本的には客先の前線で営業をしている各担当者の意見を尊重してくれます。お客様の要望に対して提案する内容は、最終的に相手にとっても会社にとっても良い方向に進むものであるという共通認識があるからです。顧客満足をまず意識することや、上下の関係を問わず間違いを指摘し合える環境は非常に心地よく、嬉しくも感じています。

仕事をしていて
難しさや大変さを感じるのは
どんな時ですか?

工事現場の施工管理において自分の判断が工事の進捗に直結している点です。現場作業が始まる前に、予算確保、機器・材料の手配、作業員の手配を厳かにすると現場作業に入ってから確実に準備不足の影響が出ます。また、現場作業が上手く流れるように日々の調整は必要不可欠で、作業完了時には誰が見ても分かるように書類を作ることにも留意しなけれなばりません。受注するための戦略的な営業から、工事完了までの一貫した仕事には大変さを感じますが、完遂したときの充実感はなかなか味わえないものだとも思っています。

今、就活中の自分に会ったらなんと声をかけますか?

自分のやりたい職種をよく考えて、自分の意志を持って就職活動をしよう!!

MESSAGE

最後に転職を考えている方に向けて
メッセージをお願いします。

当社は総合商社ですから、配属される部署により、業界の雰囲気やルールが異なります。それは、転職活動においては不安かもしれませんが、自分に与えられた仕事を一生懸命やろうという気持ちがあれば、飛躍的に自分を高めることができるのが敦井産業です。扱う商材は部署により異なれど、皆ひとりひとりが熱いハートを持っています。ぜひ一緒に会社を盛り上げていきましょう。

敦井産業を一言であらわすなら?
建設業界のドン・キホーテ

※個人情報保護の観点から、仮名を使用している社員もいます

他の社員を見る